新規建設業許可(知事・一般)が税込99,900円
 
神戸市を中心として兵庫県の建設業新規許可申請、更新申請、決算変更届、経営事項審査申請のことならルリエ神戸行政書士事務所にご相談下さい。 
建設会社出身で、建設業界を熟知した行政書士が丁寧にサポートします。
長年の業界経験による豊富な知識と確かな技術で、迅速に建設業許可を取得します。

ただいま建設業者様応援キャンペーンを実施中です。
初めての方でも安心してご相談ください。
初回ご相談は無料です。  8:00~20:00 土日祝も営業しております。

最新情報

2015.01.05 建設業者様応援キャンペーンを実施中です。
2014.12.29 平成27年1月5日より建設業者様応援キャンペーンを実施します!!
2014.10.16 代表者プロフィールを更新しました。
2014.08.01 ホームページを公開しました。

神戸市垂水区のルリエ神戸行政書士事務所はこんな事務所です

兵庫県限定の地域密着で建設業許可申請業務をメイン業務として各種許認可申請業務を行っております。
建設業許可申請につきましては新規取得はもちろん、更新申請、決算変更届、経営事項審査申請、入札参加資格申請等をご相談から申請~取得まで責任をもってサポート致します。

「こんはずじゃあ・・・」にならないために~

建設業許可申請は、ご自身で役所や法務局に出向き必要書類を集め、申請書類を作成し、ご自身で申請窓口で申請する事ももちろん可能です。

例えば兵庫県の場合、ホームページから「建設業許可申請の手引き」と「許可申請書一式」、「申請に必要な申請様式一覧表 」をダウンロード出来ますので、手引き等を参考にしながら申請書類を作成する事は出来ると思います。ただこの場合、まず手引書を読みこなすのに時間がかかります。忙しい本業の業務時間を削って読みこなし、わからないところは役所に聞いたりしながら、なんとか申請書を作成を進めていったとしても、今度はそれら記載内容を証明する確認書類の収集をしなければなりません。ようやく確認書類が揃い、申請書類が完成し平日の忙しい時間をぬって書類を提出しようとしても、すぐに受付けてもらえるとは限りません。役所では書類の細かな箇所まで指摘される事も少なくなく、補正指示が出て、作成し直して再度提出なんていう事も・・・。

しかも役所は平日9時から5時までが執務時間ですから、また忙しい平日の昼間に出向く時間を捻出しなければならない。そして補正が1回で終われば良いですが、別の指摘がされ、またまた作り直しなんてなるともうパニックです。・・・早く建設業許可を取得したいのに受付すらしてもらえないなんて・・・。

もちろんご自身で申請するので申請手数料以外のお金はもちろんかかりませんが、上記のような作成にかかる労力や時間は経営者の方々には相当な負担となるのではないでしょうか。

費用対効果で考えたとき、専門家に依頼するのもひとつの選択肢です。

ルリエ神戸行政書士事務所は建設業に関する手続き専門の行政書士事務所です。迅速に、そして確実に建設業許可を取得したいとお考えなら建設業許可を専門とするルリエ神戸行政書士事務所にご依頼ください。

建設業に関する手続きについてのご相談は土日祝も受け付けております。



◇建設業許可を取得するメリット
 
1:社会的信用が向上します。
     (銀行などからの融資にあたり、スムーズに融資が進む可能性が大きいです。)
 2:下請け参入に有利。
     (元請のゼネコンなどから建設業許可を有している企業に優先的に発注すると言われることも。)
 3:公共工事の入札参加機会が拡大します。
     (自治体が発注する工事に入札参加するには建設業許可を有していることが参加要件となっています。)

◇当事務所にご依頼いただくメリット
1:建設業許可を取得可能か無料で診断いたします。
     (建設業許可取得するには5つの要件をクリアする必要があります)
2:建設業界に精通した行政書士が対応します。
3 :ワンストップサービスでお客様の時間を無駄にしません。
      当事務所では許可取得業務のみにとどまらず弁護士・税理士・司法書士・社会保険労務士など各専門家のネットワークにより様々なお客様のご要望にお応え致します。
 4 :土日祝も対応します。
     (平日は忙しい経営者の方の貴重な時間を無駄にしません。)

 
   
お問い合わせ